私が切迫早産と言われ気を付けていた事

私が切迫早産と言われ気を付けていた事

私が切迫早産と言われ気を付けていた事

私が切迫早産と言われ気を付けていた事は何より体を冷やさない、という事でした。夏場でも常に靴下を履き、足首を触って冷たければレッグウォーマーも履いていました。

 

当然、素足にサンダルは厳禁です。
冬場にはカイロを腰に、そしてつま先にもカイロを貼っていました。夏に冷たいジュースが飲みたくても我慢して常温のものや温めたものしか飲んでいませんでした。妊娠初期の症状のつわりにより、食べることが難しい人がいると思う。

 

 

それでも赤ちゃんは栄養を取らないと、育たないので、おじややゼリーなど受け付けるものを食べれればいいと思う。固形物が食べれなくても水分を必ず取ることが大切である。つわりがないから、お腹いっぱい食べれるといって満腹以上に食べるのもよくない。妊娠高血圧症、妊娠糖尿病に罹患する可能性もある。

 

栄養バランスよく食べることが大事であり、また体の具合がいい時は適度なエクササイズをすることが妊婦生活中に大切なことである。
初めて妊娠をして嬉しくてすぐに仕事を退職しました。
辞めたものの、することがなく暇な毎日になってしまいました。やる事が無く友達などと外食する事が多くなり気付けばお金は減るし、体重が急に増えすぎと、検診で注意を受けました。つわりもほとんど無く元気だったので、仕事も適度にしながら妊娠期間を過ごせばよかったのにと思いました。
宅配クリーニングなどを活用して季節ごとの大変な作業を軽減するのもコツです

 

 

私自身は、できちゃった結婚だったため、妊娠検査薬の結果を見たときは、本当に自分がお母さんに?と喜びよりも不安の方が大きかったです。でも、愛する人との子供を産みたいと思い、初めてで知らない事はなんでも調べるようにし、日に日に大きくなっていくお腹に愛しさを感じていました。はじめて体動を感じた時は、嬉しくてしかたがありませんでした。

 

妊娠とは大きな幸福感と共にお腹の子の成長を感じられることなんだな、と思いました。

 

友人から、妊娠すると妊娠線が出ると言われ、不安になり色々調べてみました。第一に保湿が大切とわかったので、安定期を過ぎてから保湿効果の高いクリームを毎日毎日塗っていました。

 

 

1日に2、3回は塗り直していました。
結局出産するまでに何個の保湿クリームを使ったのかも分からない程でした。自分好みの香りの保湿クリームを塗ることで精神的にも良い効果がありました。その効果もあり、二人出産しましたが、全く妊娠線は出ませんでした。

 

妊娠中に守るべきことは色々あります。季節を問わず、とにかくお腹を冷やさないこと、重たいものを持ったり、高いところに手を伸ばしたりしないこと。適度に運動するのはいいが全力で走らないこと、生活リズムを乱さないよう注意すること。全部妊婦さんは誰もが注意されることだが、もう一つ、私が妊娠中に言われて一番ためになったと思うことがこれである。
お腹の赤ちゃんに、優しい言葉をかけてあげること。優しい言葉をかければ優しい子に育っていく、この言葉は産後もずっと忘れてはならないものである妊娠後間もなく、酷いつわりにみまわれたのと、重労働を余儀なくされる仕事柄、退職を決意しました。
退職という選択を取る人も多いと思いますが体に負担がかかり過ぎなければ、働き続けてもいいと思います。

 

 

 

妊娠期間中はサプリメントで葉酸を飲むよう言われ、ずっと飲んでいました。
さらに血が薄かったので、病院で出された鉄剤とは別に鉄分の多い食べ物を積極的に摂っていました。妊娠すると、お母さんの身体はとても疲れやすくなります。いつも行っていた家事でさえ重労働で、息を切らしてしまうこともあります。

 

 

あまり頑張ろうとせずに、休憩は適宜取り入れていきましょう。また、妊娠中のママが日常生活で気をつけなければならないのは脳貧血、いわゆる立ち眩みが起きやすいということです。

 

立ったり頭を上げたり、妊娠前には平気だった些細な動作で、くらりとめまいがすることがあります。

 

 

妊娠するとママの血液が赤ちゃんのいるお腹を中心に回るようになるため、妊娠中は誰にでも起きやすいものです。ゆっくりした動作を心掛け、脳貧血を起こした時はゆっくりとその場で横になるようにしましょう。

 

初めて奥様がを妊娠すると、多くの旦那さんはどのようにサポートすれば良いかわからないと思います。

 

 

まずは夫婦が一緒に居られる時間を増やしてみてください。

 

妊娠中で不安な奥さんの安らぎにつながります。妊婦健診も二人で一緒に行ってみましょう。少しずつ父親になる実感が湧いてくるものです。ただし、産院は基本的に女性優先、女性が座れるようパパは隅で待ちましょうね。ママの妊娠でパパも苦労されると思いますが、やはり赤ちゃんを身ごもっている妊婦さんを最優先にして下さい。妊娠中は体重や体脂肪が増えやすくなるため、適度な運動をすることが大切です。体の調子が良ければ散歩の距離を伸ばすなど軽く体を動かすと良いですよ。

 

 

 

妊婦さんを対象にしたマタニティビクスに挑戦してみるのも良いでしょう。

 

しかし、妊娠中は進んで体を動かしてほしいものですが、体に無理をきたすような運動は絶対にいけません。

 

 

 

「少し疲れたな」とか「体調がすぐれないな」運動をやめて休むようにしましょう。
無理にならないくらいの軽めの運動がおすすめです。